はじめてのRuby on Rails、トラブル記録
<< Actionを実行したときにViewで何も表示しない方法 | TOP | Windowsでruby gemsをインストールする >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
Windowsでのrubyのインストール・セットアップ方法

 ノートPCにruby入れようとしたら、完全に忘れててまた調べる羽目になったので、この機械にメモしときまーす

rubyのダウンロード
rubyの公式ページにソースが置いてありますが、コンパイルしないといけません。
windowsだとコンパイルする環境を作るのがまず面倒なので、有志の方が作ってくださっているバイナリ版を使います。
バイナリ版は色々ありますが、私はmswin32を使わせてもらっています。
Ruby-mswin32: http://www.garbagecollect.jp/ruby/mswin32/ja/

解凍して適当なところに置く
ダウンロードしたファイルを「ruby」フォルダとかに解凍して、適当なところに置きます。
ここではCドライブ直下にC:¥rubyに置きました。

パスを通す
スタートボタン>コンピュータで右クリック>プロパティ>システムの詳細設定>詳細設定タブ>環境変数
システム環境変数の中に「Path」または「PATH」というのがあると思います。
それを選んで「編集」、既に色々書かれているのは絶対に消さないようにして、末尾に「;」で区切ってC:¥ruby¥binを追記

インストールされたかどうか確認
コマンドプロンプトで以下のように入れて、「ruby 1.9.1 (20**-**-** patchlevel ***」のようにバージョンが確認できれば、インストール成功です!
ruby --version


【追記】
インストール後使い始めたら、何かとdllを要求されました。以下のdllはたぶん必要。
  • zlib.dll 入手方法(リンク先のページのに記載)

  • iconv.dll
    以下のサイトでダウンロード可能。(本家) 
    http://www.gnupg.org/download/index.en.html 
    ダウンロードページにミラーへのリンクがあるので、カナダのFTPを選んだところ、ディレクトリ一覧があった。 
    binaryの中のlibiconv-1.9.1.dll.zipをダウンロードして解凍。
    解凍したフォルダの中のiconv.dllを¥ruby¥binにいれればOK

  • readline.dll
    http://jarp.does.notwork.org/win32/
    ダウンロードして解凍したら、binフォルダ内のreadline.dllを¥ruby¥binに放りこめばOK。
posted by トモト | 12:54 | インストール | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Windowsでのrubyのインストール・セットアップ方法
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 12:54 | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hajimete-ruby.jugem.jp/trackback/55
トラックバック
Rails3レシピブック 190の技
Rails3レシピブック 190の技
ついにRails3対応版が出ました!!
WEB+DB PRESS Vol.58
WEB+DB PRESS Vol.58
Rails2系から3への移行時に知りたいことがひとまとまりになっててよかった!色々ググるよりこれを読む方が早い。
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyやるならこのリファレンスは必要。
Search this site