はじめてのRuby on Rails、トラブル記録
<< Windows環境でOpenSSLをインストールする | TOP | RailsでTimeオブジェクトを任意のタイムゾーンに変換する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
NetBeans6.8でFastDebuggerがインストールできない
PCの挙動があやしくなってきたので、新しいマシンを買ったら、たくさんトラブルが起きました。
プログラムの環境移すのって超めんどくさいしょんぼり

とくにこのNetBeansでデバッガ動かせないのはかなりわかりづらくて、解決方法探しても挫折してる例しか見当たらっず、かなりヤパかった…爆弾

■現在の環境■
Windows7(64bit)
Ruby 1.8.7 (2010-01-10 patchlevel 249) [i386-mswin32]
Rails 2.3.4
NetBeans 6.8

NetBeansで初めてプロジェクトをデバッグしようとすると、Fast Debuggerが必要ですと言われ、インストールするを選んでも、以下のエラーが出てインストールできない。
Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing ruby-debug-ide:
ERROR: Failed to build gem native extension.

Gem files will remain installed in C:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-debug-ide-0.4.9 for inspection.
Results logged to C:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-debug-ide-0.4.9/ext/gem_make.out


Fast Debuggerを入れるっていうのは実際にはruby-debug-baseとruby-debug-ideをgemで入れるということだというのがわかったので、NetBeansからもコマンドプロンプトからもgemのインストールをしようとしたけどだめ。
ruby-debug-ideを入れるには先にruby-debug-baseとlinecacheというのがないとだめらしいということだったので、試してみたところlinecacheは入ったけれどruby-debug-baseを入れようとすると下のようなエラーが出る。

Building native extensions. This could take a while...
ERROR: While executing gem ... (Gem::Installer::ExtensionBuildError)
ERROR: Failed to build gem native extension.

ruby extconf.rb install ruby-debug
creating Makefile

nmake
'nmake' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。


Gem files will remain installed in C:/rubylib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-debug-base-0.10.0 for inspection.
Results logged to C:/ruby/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-debug-ide-0.4.9/ext/gem_make.out


nmakeっていうのはCのコンパイルするときのファイル?Cはよく知らないので詳しくはよくわからないけど、nmakeとやらを入れればいいのかと思って探してみたら見つかったんだけど、どうやらこのファイル32bit用で、64bitだと使えなかったんだぜ……悲しい

それで、どこかの英語のQAでVisual C++ 2008 Express Editionを入れたらなんだかわかんないけど動いたぜ!というのをふと思い出して、ためしてみる。

これを入れてもやっぱりコマンドプロンプトとかからはインストールできなかったけれど、Visual Studio 2008 コマンドプロンプトからgem installをやってみたら、普通のコマンドプロンプトよりログは余計に出た。
その時のログを保存してなかったので詳細をちょっと忘れてしまったけど…、なんかそこに書いてあったエラーログでググったら、別件ぽいけど関係あるかも?というのがあったので参考にしてみた。
http://ronspace.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/ruby-pg-windows.html

ruby¥lib¥ruby¥1.8¥i386-mswin32¥config.hの1行目を以下のように修正
【修正前】
#if _MSC_VER != 1200
#error MSC version unmatch: _MSC_VER: 1200 is expected.

【修正後】
#if _MSC_VER < 1200
#error MSC version unmatch: _MSC_VER: 1200 is expected.


これでVCコマンドプロンプトからgem installでruby-debug-baseとruby-debug-ideがインストールできた!
NetBeansのツール>Rubyプラットフォーム>デバッガエンジンの所を確認すると、今まではClassic Debuggerとなっていたのが、Fast Debuggerとなっている!!

……しかし、これでもまだデバッガは動かなかった。
出力に何も表示されず、サーバーに接続されてないような感じ。
JRubyだとデバッガも動くし、デバッグでなく通常の実行だとサーバーも起動するのに……。

ここでもまたかなり悩んだけれど、先に「実行」をして、そのあとに「デバッガを接続」でポートを3000に指定したらログが吐かれるようになった。
やっぱり「プロジェクトをデバッグ」にしても動かないんだけど。。。
なんか腑に落ちないけど、まあ大まかには解決ということで。
posted by トモト | 19:07 | エラー | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - NetBeans6.8でFastDebuggerがインストールできない
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 19:07 | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hajimete-ruby.jugem.jp/trackback/47
トラックバック
Rails3レシピブック 190の技
Rails3レシピブック 190の技
ついにRails3対応版が出ました!!
WEB+DB PRESS Vol.58
WEB+DB PRESS Vol.58
Rails2系から3への移行時に知りたいことがひとまとまりになっててよかった!色々ググるよりこれを読む方が早い。
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyやるならこのリファレンスは必要。
Search this site