はじめてのRuby on Rails、トラブル記録
<< データ容量を気にしてmigrateファイルを作ってみる | TOP | restful_authenticationのステータス管理をaasmに変える >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
Rails2.x 新しくプロジェクト作るときの手順
今さらだけど、毎回プロジェクト作るたびにどういう手順でやればよかったんだっけ?って
自分メモを見てしまうので、ブログにも上げておく。

【1】プロジェクト作成


rails プロジェクト名 -d mysql

MySQLじゃなくてSQLiteを使うなら「-d mysql」はいらない。


【2】config/database.ymlでmysqlパスワードの設定


 password:の「:」のあとは半角スペースあけないとエラーが出るので注意。
 

【3】データベースを作る


 プロジェクトのフォルダに移動して、rakeでデータベースを作成。
・developmentだけなら
rake db:create RAILS_ENV=development

・development,production,test全部作りたいなら
rake db:create:all


【4】scaffoldでデータベースの中身を作る


ruby script¥generate scaffold テーブル名 フィールド名:型

 例)
 ruby script¥generate scaffold user id:integer name:string memo:text
 注意点: テーブル名は単数形で ○user ×users


【5】migrationファイルでテーブルの細かい設定を編集する(必要があれば)


 db/migrateの下にできたmigration用のファイルを開く。
 例)
 t.string :name :limit=>32


【6】データベースのマイグレート


rake db:migrate



ここまできたら、ruby script¥serverでWEBrickを立ち上げて、
http://localhost:3000/テーブル名複数形
で見てみよう。
中身空っぽのテーブルが表示されるはず。
posted by トモト | 23:37 | Rails2.x | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Rails2.x 新しくプロジェクト作るときの手順
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:37 | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hajimete-ruby.jugem.jp/trackback/39
トラックバック
Rails3レシピブック 190の技
Rails3レシピブック 190の技
ついにRails3対応版が出ました!!
WEB+DB PRESS Vol.58
WEB+DB PRESS Vol.58
Rails2系から3への移行時に知りたいことがひとまとまりになっててよかった!色々ググるよりこれを読む方が早い。
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyやるならこのリファレンスは必要。
Search this site