はじめてのRuby on Rails、トラブル記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
Windowsでrailsをインストールする
rubyがインストールされていなければ、rubyをインストール
関連エントリ:Windowsでのrubyのインストール・セットアップ方法

ruby gemsがインストールされていなければインストール
コマンドプロンプトでgem -vといれてgemのバージョンが出ればインストールされています。
出なければインストール。
関連エントリ:Windowsでruby gemsをインストールする

ruby gemsを動かすのに必要なライブラリをruby¥binフォルダに入れる
gemでrailsをインストールしようとすると、「zlib.dllがありません」「SSLEAY32.dllがありません」というエラーメッセージが出ます。
zlibとopensslのライブラリをrubyフォルダ内のbinの中に入れると、このエラーは出なくなります。

それぞれ以下からダウンロード
・zlib:http://jarp.does.notwork.org/win32/   →zlib-1.1.4-1-mswin32.zipをダウンロード
・openssl: http://code.google.com/p/openssl-for-windows/downloads/list

ダウンロードしたファイルを解答すると、どちらも中にbinフォルダがあるので、zlib.dll、ssleay32.dll、libeay32.dllをrubyフォルダ下のbinフォルダ内に入れます。

 gemからrailsをインストール
コマンドプロンプトで以下のコマンドを入れてrailsをインストール。
gem install rails

バージョンを指定する場合は以下のような感じで。
gem install rails --version 2.4.7

Successfully installed rails-[バージョン]と出たら成功です!

posted by トモト | 21:58 | インストール | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Windowsでrailsをインストールする
Windowsでruby gemsをインストールする
railsをインストールするのにruby gemsがいるので、セットアップ方法をメモメモ

ruby gemsをダウンロードする
RubyForgeの以下のページでgemsをダウンロードします。最新版のzipをもらっとく。
http://rubyforge.org/frs/?group_id=126

ダウンロードファイルを適当なところに置く
ダウンロードしたzipを解凍して、フォルダを好きなところに置きます。
ここではC直下に置きました。

setup.rbを実行
rubygemsのフォルダの中にsetup.rbがあります。それをコマンドプロンプトから実行します。

C:¥rubygems-1.3.7>ruby setup.rb

これを実行すると、ちゃらちゃらちゃらっと色々メッセージが出てきます。

インストールできたかどうか確認

コマンドプロンプトでgemのバージョンを確認してみて、出ればOK。コマンドは以下。
gem -v
posted by トモト | 21:29 | インストール | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Windowsでruby gemsをインストールする
Windowsでのrubyのインストール・セットアップ方法

 ノートPCにruby入れようとしたら、完全に忘れててまた調べる羽目になったので、この機械にメモしときまーす

rubyのダウンロード
rubyの公式ページにソースが置いてありますが、コンパイルしないといけません。
windowsだとコンパイルする環境を作るのがまず面倒なので、有志の方が作ってくださっているバイナリ版を使います。
バイナリ版は色々ありますが、私はmswin32を使わせてもらっています。
Ruby-mswin32: http://www.garbagecollect.jp/ruby/mswin32/ja/

解凍して適当なところに置く
ダウンロードしたファイルを「ruby」フォルダとかに解凍して、適当なところに置きます。
ここではCドライブ直下にC:¥rubyに置きました。

パスを通す
スタートボタン>コンピュータで右クリック>プロパティ>システムの詳細設定>詳細設定タブ>環境変数
システム環境変数の中に「Path」または「PATH」というのがあると思います。
それを選んで「編集」、既に色々書かれているのは絶対に消さないようにして、末尾に「;」で区切ってC:¥ruby¥binを追記

インストールされたかどうか確認
コマンドプロンプトで以下のように入れて、「ruby 1.9.1 (20**-**-** patchlevel ***」のようにバージョンが確認できれば、インストール成功です!
ruby --version


【追記】
インストール後使い始めたら、何かとdllを要求されました。以下のdllはたぶん必要。
  • zlib.dll 入手方法(リンク先のページのに記載)

  • iconv.dll
    以下のサイトでダウンロード可能。(本家) 
    http://www.gnupg.org/download/index.en.html 
    ダウンロードページにミラーへのリンクがあるので、カナダのFTPを選んだところ、ディレクトリ一覧があった。 
    binaryの中のlibiconv-1.9.1.dll.zipをダウンロードして解凍。
    解凍したフォルダの中のiconv.dllを¥ruby¥binにいれればOK

  • readline.dll
    http://jarp.does.notwork.org/win32/
    ダウンロードして解凍したら、binフォルダ内のreadline.dllを¥ruby¥binに放りこめばOK。
posted by トモト | 12:54 | インストール | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Windowsでのrubyのインストール・セットアップ方法
WEBrick script¥serverが起動できない
[参考図書]
かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発|0日目



インストールができたら、Railsのセットアップを確認します。

rails hello

でhelloというrailsのプロジェクトを作ることには成功。

次に、RubyにはWEBrickという開発用サーバーがあるみたいなので、
それを起動。
前にapacheやってみたときよく分からなかったから、
とりあえずこれは簡単にできそうでよかったーと思ったのに、
ここでつまずいた。

ruby script¥serger

WEBrickが起動しませんorz

エラーメッセージは
C:¥rails¥hello>ruby script¥server
./script/../config/boot.rb:29: undefined method `gem'
for main:Object (NoMethodError)
from script/server:2

となっています。

色々調べてたら、この本の出版社のQ&Aに解決法が出てきた。
翔泳社Q&Aページへ

これによると、どうやら
RubyとRailsはそれぞれ対応するバージョンじゃないとだめみたい。

Railsの1.1.xはRuby1.8.4に対応、
Railsの1.2.xはRuby1.8.6に対応、
みたいな感じになってて、Rails1.2.xにRuby1.8.4はだめ。
そこで私のところではRailsとRubyが対応するバージョンじゃなかったからエラーが起きたみたい。

どこで間違えたかというと、どうも
gem install rake activesupport activerecord activepack actionmailer actionwebservice rails

と入れたときに、うっかりCD-ROMドライブの対応するディレクトリのところじゃなくて、違う場所でこのコマンドを入れてしまったようで、
そしたらRailsのパッケージがCD-ROMに入っているのよりバージョンが
新しくなっていたらしくて、
RailsとRubyのバージョンのずれが出たというのが真相のよう。

ここで初めて気づいたのだけれど、
gem install ****

って
コマンドプロンプトでどこのディレクトリにいても、
勝手にWEB上から最新のRailsをインストールしてくれるのね。



そんな感じで状況はわかったので、インストールし直してみたんだけれど、
なんだかうまくいかなくて(自分のことなのでたぶんどれかのバージョン違い)
結局RubyもRailsも最新のを入れたらうまくいったのです。

本では、サンプルプログラムを動かすときには、
付属のCD-ROMに入ったバージョンと違うバージョンでやると
想定外のエラーが出たりするかもしれないからCD-ROMからインストールしてねって
書いてあったけど、結局いつかはそのトラブルには会うんだったら、
最初から新しいバージョンでやっていった方がいいんじゃないかと私は思うのですが。

それにしても、Rubyはまだまだ進化してるプログラムだから、
バージョンが上がるごとに何か色々対応しなきゃいけなそうで、
そういうのはちょっと大変かもね。。。
posted by トモト | 21:50 | インストール | comments(0) | trackbacks(1) |はてなブックマーク - WEBrick script¥serverが起動できない
RubyとRailsをインストール Railsってなんぞや?
[参考図書]
かんたんRuby on RailsでWebアプリケーション開発|0日目


まずはじめにRubyとRails、それにMySQLをインストールします。

ん?RubyとRailsをインストール?
そういえばRuby on RailsっていうけれどRailsって何だろう



で、わかったこと。
Railsってライブラリなのね。
ライブラリっていうのはよく使うプログラムのセットを、
他のプログラムから呼び出して何度も使えるようにしてあるもののこと。
RailsはWEBアプリケーション開発のためによく使うプログラムをあらかじめ作っておいてくれてるのね。
RoR(Ruby on Rails)はJavaの10倍の開発スピードっていうのはこういうのがあるからってのが理由の一つなのかな。

このRailsをインストールするには"Ruby Gems"っていうのを使うみたい。
RubyGemsとやらが何者なのかわからないけど、
これを使うと簡単にRailsのパッケージがインストールできるみたいで、
特に滞りもなくインストールできました。

……インストールはできました
が、
このあとすぐに問題があせあせ
posted by トモト | 00:31 | インストール | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - RubyとRailsをインストール Railsってなんぞや?
Rails3レシピブック 190の技
Rails3レシピブック 190の技
ついにRails3対応版が出ました!!
WEB+DB PRESS Vol.58
WEB+DB PRESS Vol.58
Rails2系から3への移行時に知りたいことがひとまとまりになっててよかった!色々ググるよりこれを読む方が早い。
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyやるならこのリファレンスは必要。
Search this site