はじめてのRuby on Rails、トラブル記録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |はてなブックマーク - スポンサーサイト
Heroku postgresの情報確認と接続・バックアップ/リストア

特定のテーブルのカラム型一覧を参照する

heroku pg:psql ←psqlに接続
¥d TABLE_NAME TABLE_NAMEで指定したテーブルのカラム一覧を表示
参考:
Class: Heroku::Command::Pg
テーブル定義の確認

pgAdmin靴Heroku postgresに接続、バックアップ/リストア

Heroku postgresのバックアップ、リストアの方法はここに書いてあるとおりなのだけれど、ローカルのdumpファイルをawsに上げてインポートしようとしたもののThe backup url is invalidとエラーが出て、それがどうしても解決できなかったのでpgAdmin靴Herokuのpostgresサーバーに接続してリストアしてみることに。


pgAdmin靴Heroku postgreSQLに接続する方法は以下を参照。
Connect PGAdmin3 to Heroku PostgreSQL dedicated database

バックアップ側のデータベースのところで右クリックして「バックアップ」を選択、フォーマットをTar、エンコードをUTF8にしてhogehoge.backupをどこかに保存。
リストア側のデータベースで右クリックして「リストアー」を選択、フォーマットをCustom or Tarにして上で保存したhogehoge,backupをリストア。
できた!楽しい
posted by トモト | 01:02 | Heroku | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Heroku postgresの情報確認と接続・バックアップ/リストア
Heroku postgresのデータをバックアップ・ローカルでリストア
Heroku db:pullがうまく動かなくなったので、Heroku postgresでバックアップ取ってリストアとかいうのをしなきゃいけなくなったのでメモ。
SQL知識ゼロ\(^∀^)/ちなみにWindowsです。

1 Heroku appのpostgresのところでsnapshotsの「+」をポチります。
***.dumpというファイルができるのでダウンロード。

2 コマンドプロンプトで、pg_restoreというのをやる。
Herokuの公式のここのページのExportを参照。
pg_restore --verbose --clean --no-acl --no-owner -h localhost -U myuser -d mydb latest.dump
青字部分を書き換えて実行すればリストアできます。

おわり。
posted by トモト | 00:21 | Heroku | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - Heroku postgresのデータをバックアップ・ローカルでリストア
RailsアプリをHerokuで動かしてみる(1)
それではHerokuに上げるまでの道のり。
まあほとんどの内容はHerokuのクイックスタートガイド見てやればそのとおりなんだけど。

【1】gitが使えるようにしておく


 git導入は別エントリ参照⇒WindowsでGitからプラグインをインストールする

【2】SSHで鍵作る


WindowsだとやはりTeraTermがよさそう。学生の時以来だ。
昔はTeraTerm+TTSSH別々に落としてたけど、最近更新されてるTeraTermはTTSSHも一緒に入れられるみたい。
ここからダウンロードしてインストール。

設定→SSH鍵生成
で公開鍵と秘密鍵のセットを作れる。パスワードは設定すべき。
下のリンク先を見ながら、ローカルの適当な場所に公開鍵と秘密鍵を保存した。
参考: teraterm(ssh2対応) + 公開鍵認証

なんかのコマンドの途中でC:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥.sshにid_dsa.pub(公開鍵)がないんだぜ!と言われたので上で保存した鍵をコピーして.sshフォルダに保存した。
エクスプローラーでは「.」で始まるフォルダは作れないのかな?
なんか新しいフォルダで名前を変えようとするとエラーが出たので、コマンドプロンプトから作った。

【3】Herokuにユーザー登録


 ここで「Sign up」ボタンを押してメアドとパスワード入れればすぐできる。

【4】GemでHerokuをインストール


gem install heroku
これだけ。

【5】gitの準備


Herokuに上げたいプロジェクトのフォルダ直下で
git init
git add .
git commit -m "アプリ名"
を続けざまに。

【6】Herokuに新しくプロジェクトを作る


heroku create
↑を入れるとメアドとパスワードを要求されるので、Herokuにユーザー登録したときのをいれる。
このとき、SSHの鍵が場所にないと言われたと思う。公開鍵がHerokuの方に送られたっぽい。
あと、毎回最初にherokuにアクセスしたときにはSSHの鍵を作った時に決めたパスワードを要求されるのでこれも入れる。

成功すると
Created http://high-sunrise-58.heroku.com/ | git@heroku.com:high-sunrise-58.git
みたいなのが表示される。(これは公式のドキュメントに乗ってるアド)
http://high-sunrise-58.heroku.com/にアクセスすると、まだアプリがないときのページが表示される。

あと上記の下の行に公式のドキュメントだと
Git remote heroku added
と書いてあって、新しく作られたgit@heroku.com:high-sunrise-58.gitが「heroku」としてremoteに登録されたよと
なるみたいだったけれど、私の場合はこの表示が出なくて次の項目でつまずいたので、
自分で以下のコマンドを入れて登録しました。
git remote add heroku git@heroku.com:high-sunrise-58.git


【7】5でgitにコミットしたアプリをHerokuに持ってく


git push heroku master
これでなんやかんやでたら、成功!
ruby-aawsがないよと言われたけど、とりあえずプロジェクト自体はちゃんと上がってる模様。
いくつか引っかかったとこはあったけど、ここまで比較的スムーズに来れた方かな。

Herokuのドキュメントすごく整備されててわかりやすい。
英語だけど、ちゃんと項目がきれいにわかれてて、一つ一つの項目がだらだら長くなくて簡潔にまとまってていい。
わかんなくなったらまずはドキュメントを見るのがよさそう。ググるのはそれからだ。
posted by トモト | 15:24 | Heroku | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - RailsアプリをHerokuで動かしてみる(1)
RailsアプリをHerokuで公開してみる(0)
そろそろアプリをネットで公開してみたいと思って
サーバーとかどうしたらいいんだろうと色々調べてみたんだけど、
RoRって作るのはやりやすいけどPerlとかPHPみたいにソースをサーバーに上げればOKってんじゃないのね冷や汗

選択肢としては、

  • 自宅サーバー: ハードから準備しなきゃいけないし、のっけから作業が重すぎる

  • 専用サーバー: OSとかソフトとか好きに出来るけど値段が高い

  • VPS: 海外なら値段も結構安い 設定もかなり自由が利きそう

  • 共有サーバー: 安いけどあまり自由は利かず、重くなりがち


サーバーの運用とかなんてやったことないんですけど……。
でもこの中ならVPSかなあ。
Linux?触ったことない、
Apacheとか何それおいしいの?
FastCGI?Mongrel?Passenger????
オワタ\(^o^)/

全部覚えんの、超大変そう。。。雨

でもまあしゃあないかぁ、やるしかないかあ、と思ってたら救世主現る!

それが

Heroku

「へろく」だと思ってたら「はーおーく」だそうなw

これ、Web上でソース書いてRailsアプリ作れるっていうやつだったと記憶してたのだけれど、
どうやらオープンベータ終って正式版に移行されたときにRubyがすぐ動かせるホスティングサービスになってたみたい。
色々評判見てたら結構すぐ動かせそうだったので、これだ!と1も2もなく飛びついた。

というわけで、次回からHerokuでアプリを動かしてみるまでやってみまー。
posted by トモト | 14:57 | Heroku | comments(0) | trackbacks(0) |はてなブックマーク - RailsアプリをHerokuで公開してみる(0)
Rails3レシピブック 190の技
Rails3レシピブック 190の技
ついにRails3対応版が出ました!!
WEB+DB PRESS Vol.58
WEB+DB PRESS Vol.58
Rails2系から3への移行時に知りたいことがひとまとまりになっててよかった!色々ググるよりこれを読む方が早い。
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyレシピブック 第3版 303の技
Rubyやるならこのリファレンスは必要。
Search this site